<< 「古代ハングル」 | main |

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「古代ハングル」

 前回の続き。

 このように韓国の民間学者は、でっちあげられた日本の神代文字を「古代ハングル」だと主張しているわけである。それだけなら、単なる笑い話で済む。(済まないが)
 問題なのは、日本ならトンデモ学者のトンデモ所業として、ほとんど無視されるこのような奇行が、韓国では大真面目に報道されるということだ。

 1994年12月19日付けの文化日報という韓国の日刊紙(一応、主要な日刊紙だという)は、日本の神代文字の写真を1面トップで掲げ、「古代ハングル」だと報じたという。この神代文字は宮崎県にある神社の境内に立てられた石碑に刻まれたもので、江戸時代も末期のものだという。

 常識で考えれば江戸時代の石碑に刻まれている文字が古代ハングルであるわけがない。ハングルは(日本の)室町時代に完成しているわけだから、正常な思考回路の持ち主なら、神代文字のほうがハングルをもとにでっちあげられたと考えるだろう。

 しかし、この「発見」に有頂天になった文化日報の記者は、このニセハングルを「古代ハングル」と断定。李寧熙(あの、「万葉集は韓国語で読める」という本を書いていた怪しげな民間学者)やら、同類のトンデモ民間学者のコメントを大々的に掲載。すっかりニセハングルを古代文字扱いしている。

 韓国の新聞記者は事実確認とか検証取材とかを行う能力がないのだろうか?

 どうしてこんな報道をするかというと、やはり「韓国(朝鮮)は偉大で、漢字伝来以前に固有の文字があった」と信じたいためだろう。しかも、日本人のでっちあげを利用して、歴史をでっちあげている。

 日本人の歴史歪曲は許せなくても、自分たちに利用価値があれば、それはそれでいいらしい。

 でも、日本人にそれを指摘されると逆切れして怒り出す。ほんとに韓国という国はミステリーだらけである。

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 23:53
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
時計
人気ブログランキング
人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM