<< 「古代ハングル」 | main | 「古代ハングル」 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「古代ハングル」

 前回の続き。

 前回でも述べたとおり、ハングルは15世紀に作られたわけだが、それを信じたくない韓国の国粋的な民間学者は「ハングルは古代からあったはずだ」と主張している。なぜなら、こうした民間学者らは「古代韓国は世界に冠たる文化を持っており、中国とも肩を並べていた」などと信じており、文字くらいあって当然、と思っているからだ。

 しかし、悲しいことに、古代ハングルが朝鮮半島で使われた形跡など皆無なのだ。皆無なのが当たり前で、古代にハングルなどなかったのだから。
 
 それで「古代ハングル」を信じる韓国の民間学者が目をつけたのが日本の神代文字だ。

 神代文字というのは漢字が日本に入ってくる前に日本にあったとされる、日本オリジナル(とされる)文字である。ただ、これは江戸時代の国学者のでっちあげで、おまけにハングルなどをもとにして捏造された文字だというのが学界の通説だ。

 ところが、どう間違ったのか、韓国の民間学者は、この神代文字を「古代ハングルだ!!」と主張しているのである。日本の国学者のでっちあげを本気で間に受け、「日本の古代文字がハングルなのだから、古代ハングルはあったのだ!!」などとトンデモな主張を展開している。

 同病相哀れむというべきか、類は友を呼ぶというべきか。

 日本の歴史歪曲をことあるごとに批判している韓国人が、こともあろうに日本人のでっちあげた神代文字を信じているのだ。
 彼らの歴史認識がいかにご都合主義的なものかがよくわかる。

 こうした動きが一部民間学者に限られたものなら、大して問題ではない。(問題だが) 

 中央日刊紙までが「古代ハングル」説を真に受けて1面トップで掲載したというから、問題の根は深い。

 (つづく)

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 01:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
時計
人気ブログランキング
人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM