<< バカチョンカメラのチョンは「朝鮮人」ではない | main | 「くだらない」は「百済ない」ではない >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ワッショイの語源は「ワッソ」ではない

 野平氏の著書『韓国人の日本偽史』の続き。

 よく、したり顔に「日本の〇〇は実は韓国の〇〇なんです!!」と語っている進歩派文化人がいる。自分でも韓国のことなどよくわかりもしないのだが、そう語っておけばいかにも自分が国際派で有識者であるかのように見せかけられるし、韓国人からも「これは良識的な日本人ニダ!!」という評価を受けるわけで快感に浸れるからだろう。
 問題なのはそうした言説に嘘八百が多いってことだ。この「ワッショイの語源は韓国語のワッソ」もそうしたウソの一つだ。お祭りのときの掛け声「ワッショイ」は実は韓国語の「ワッソ(来たぞ)」だというのだ。何でも奈良時代だか飛鳥時代だかに朝鮮半島から渡来人が来て、「日本に来たぞ!」と言ったのが語源だというのだが。

 ところが野平氏が検証したところによると韓国語の「ワッソ」などという語形は近世に入ってからできたもので、奈良時代にはありえない語形だというのだ。大阪には「四天王寺ワッソ」という韓国人と日本人がつくった変な祭りがあるのだが、そこでもこうした嘘八百が語られてきたという。

 この祭りには古代史の権威・上田正昭(京都大学名誉教授・江上波夫の弟子)が顧問となっているのだが、コイツは韓国語には無知らしい。京都大学名誉教授でも馬鹿をやることはあるのだ。ともかくこういう嘘を垂れ流して喜ぶのは韓国人だけだから、もうちょっと考えて身を処してほしいもんだ。

 四天王寺ワッソも後援団体の在日の不祥事で取りやめになったらしいが喜ばしいことだ。でもこういうのって、韓国人がいつも非難している歴史歪曲ってヤツじゃねーの?

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 00:42
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
時計
人気ブログランキング
人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM