<< 書評再開! | main | ワッショイの語源は「ワッソ」ではない >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バカチョンカメラのチョンは「朝鮮人」ではない

 『韓国人の日本偽史』の内容の紹介。

 バカチョン・カメラ(もう死語だが)の「チョン」が「馬鹿でも朝鮮人でも」という理由で、人種差別を煽る差別語とされている。ところが、実はこの語は「朝鮮人」を指す言葉でも差別語でもないという。野平氏によれば、この「馬鹿でもチョンでも」という言葉は幕末からあったといい、その当時は朝鮮人と無関係に使われていたという。「チョン」は「ピンからキリまで」の「キリ」と同じようなビリをあらわす言葉だったらしい。

 ところが、偶然にも朝鮮人を侮蔑する「チョン」という言葉があったために、「馬鹿でもチョンでも」の「チョン」も同じ意味だろう、という適当な解釈で差別語にされ、公の場では使うことができなくなってしまったらしい。ここまでが野平氏の主張。

 こう書くと「語源や理由はどうあれ、朝鮮人が聞いて不快なんだから、チョンという言葉はやめるべきだ」などともっともらしいことを言う韓国・朝鮮人や日本人がいるんだが、それだったら「ちょんまげ」や「ちょんのま」、「けちょんけちょん」もダメだろう。

 って言うか、韓国や北朝鮮では日本人のことを「チョッパリ」だの「ウェノム」だのニホンザルだのナンだの侮蔑しているんだが、それはいいのかね。差別語でもない「チョン」に文句つける位、人権意識がお高いのだったら、そっちのほうから何とかしてほしいもんだ。

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 01:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク