<< 嫌韓流とアンチ嫌韓流について | main | 韓国人に反駁するには >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


韓国人に反駁するには

 ここまで2ヶ月にわたって野平氏の本の内容を紹介してきたが、別にこれは野平氏から頼まれたわけではない。別に野平氏の売り上げを増やしてやるつもりはないからだ。しかし、野平氏の本が売れないと、野平氏はこれから本を出すことができなくなってしまうだろう。そうすると韓国人がでっちあげてネット上で全世界にばら撒いているウソやタワごとに反論する人間がいなくなってしまう。

 反韓系の論客は多々いるが、野平氏のようにきちんとした根拠をあげて、韓国人の主張を根本からひっくり返すような論客は少ない。また野平氏は日本人による根拠のない歴史解釈にも注意を喚起している。こうした言説は韓国人に利用されるだけだからである。本来ならば日本の外務省や韓国研究者がやらなければならないことを野平氏はやっているのだ。

 なにやら最近は従軍慰安婦問題が再燃しているようである。俺の見たところ真相究明や問題の解決方法は難しいものではない。ウソや作り話を排除して冷静に根拠と客観性のある事象をあつめればよいのだ。その後に両国政府が補償が必要かどうか話し合えばよいのだ。ところが、慰安婦かついで運動している活動家は絶対そうしない。日本大使館前で日章旗焼いたり大使館に汚物を投げつけたりしながら、自分らの主張を100%無条件信じて個人補償せえと煽り立てているのだ。これに反対する奴は売国奴だ。そういうふうにするもんだから日本では反発ばかり起きて今度は慰安婦は全部キーセンだみたいな暴論まで出てくる。その結果、はてしない泥仕合が始まって問題解決はそっちのけになり、しまいには当事者同士が何のために戦っているかわけがわからなくなるのだ。

 そうなると白いものは白、黒いものは黒と言えなくなる。みんな日本の右翼だの売国奴と非難されるのが怖いからだ。敢えて言った奴は野平氏みたいに大学クビにして追放される。(つづく)

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 01:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク