<< 沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧? | main | 沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧? >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧?

 前回の続き・・・といわけで韓国の田舎の自治体が「石垣島の英雄は韓国人だった」と根も葉もないでっちあげを村おこしに利用し始めたわけだ。本来ならば石垣市は韓国の自治体に抗議すべきだった。自分とこの英雄を勝手に韓国人にして村おこしをやられれば腹を立てるのは当然だろう。ところが、とんでもないことに石垣市も「日韓友好だ」「国際交流だ」などと韓国側の誘いに乗って悪乗りし、市長が韓国で開かれたシンポジウムに出るわ、韓国と手を結んでホンガワラ・ミュージカルを作るわと暴走し始める。要するに韓国に利用されたわけだ。著者の野平氏もシンポジウムに参加して韓国側の主張に異を唱えたそうだが、何の効果もなかったそうだ。

 はっきり言ってホンガワラが韓国人・ホンギルドンであった根拠など何一つない。韓国側が文献だの小説だのを適当に寄せ集めてそう主張しているだけだ。

 結局、歴史教科書騒動が発端となって韓国側が一方的に交流を断絶させたことで、ホンガワラ・ホンギルドンによる交流も断絶。ミュージカルも中止になった。何でも歴史歪曲する国とは友好関係を結ぶことができないというのが韓国側の主張だったらしいが、それなら「ホンギルドンはホンガワラ」とかいう村おこしも歴史歪曲じゃねーか。(つづく)

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 23:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク