<< 日本は核実験をしていた!? | main | 沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧? >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧?

 沖縄の石垣島にホンガワラという英雄がいるらしい。野平氏の本を読むまで知らなかったが、15世紀に琉球の王府に対して反乱を起こした八重山の英雄ということらしい。当時、石垣島を含む八重山諸島は琉球の完全な支配化にはなかった。というわけで石垣島ではホンガワラというのは地域の英雄として扱われており、銅像なんかも立っているという。

 ところが、そこに目をつけたのが韓国人だ。韓国にはホンギルドンという泥棒の伝説がある。まあ、ネズミ小僧みたいな奴なんだが、朝鮮の史書に出てくるから実際にいたらしい。朝鮮の小説の主人公になっていて、小説では「南の島に行って王になった」と書かれているらしい。このホンギルドンの出身地ということで村おこしをしている韓国の田舎の自治体が御用学者にカネを与えて「石垣島のホンガワラは実は朝鮮の義賊のホンガワラだ」という説をでっち上げたのである。ホンガワラとホンギルドンは音が似ているから同一人物だというのだ!! ホンガワラがホンギルドンだったなどと書いてある史料はどこにもないのに、である。

 つまり、石垣島の英雄は朝鮮から島流しにされた朝鮮版ネズミ小僧だったというのである。どこまで日本人をバカにすれば気がすむのだろう。

 韓国の御用学者は公金で沖縄に渡って自分たちに都合のいい資料だけをかき集め、テキトーに成果をまとめあげた。これをもとに調査を依頼した自治体は大々的に村おこしに利用しまくるとともに、こともあろうか石垣市に国際交流を申し込むのである。こうして事態はますますトンデモない方向に突き進んでいくことになる。(つづく)

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 22:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク