<< 日本の埋蔵金だってよ | main | 日本は核実験をしていた!? >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


日本の埋蔵金だってよ

そういうわけで韓国では「悪辣な日本軍が財宝を隠した」と言っても誰も異議を唱えないし、それを発掘しようとする奴を止めようともしない。止めるやつは売国奴だ。そこで埋蔵財宝を探し出そうという物好きがあちこちで掘っているらしいが、まだどこからも何も出てきていないらしい。

 すごいのは珍島という沖合いの海域で行われている発掘で、12メートルの海底を16メートル掘り進んだらしい。何でも日本軍が東南アジアで奪った財宝をそこに隠したというんだが、いくらなんでも戦中にそんな作業ができたはずがないというのが常識的な見方だ。大体そんな海の底に財宝かくしてどうするのよ。もちろん、発掘の結果、何も出てきていない。それでも巨額の費用をかけて発掘は続行されているという。韓国ではこの発掘が愛国的な行為とされているためか、誰も止められないらしい。誰か止めろよ。

 野平氏の本には発掘現場となった島の写真も載っているし、実際に発掘現場まで出向いたらしい。ご苦労様な話だ。

 で、なぜ、そこに財宝が埋まっているのかというと、日本の憲兵のハヤシというのがそこに財宝を隠したのだが、隠す際に使った朝鮮人人夫を殺し、その良心の呵責に耐えかねて韓国人に事実を打ち明けたという。もちろん、それが本当の話なのかはわからない。でも日本と言えば悪の枢軸だと思っている韓国人はこんないいかげんな話でも容易に本気にしたらしい。

 日本に関して、韓国人が何か言えば嘘でも本当になり、日本人が何か言えば本当でも嘘になるのが韓国という国なのだ。

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 17:13
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク