<< 写楽も韓国人!!(2) | main | 続・江戸時代に朝鮮のスパイが日本に潜入した?! >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


江戸時代に朝鮮のスパイが日本に潜入した?!

 「写楽は韓国人だ!」みたいな嘘八百でも日本を小馬鹿にした内容ならばもてはやされるのが韓国だ。何しろ日本に対してどんな誹謗中傷をしてもどこからも苦情が出ないばかりか、憎い日本人と戦う民族の英雄になれるし、場合によってはマスコミにもてはやされて金も儲かる。

 というわけで、韓国では日本をダシにして喜んでいるうちに、ブレーキのかからない廃車のごとくホラ話が大きくなって壮大なトンデモ話になることもある。

 野平氏の本に出てくる「日本輿図」にまつわる話もその一つだ。韓国のどこぞの田舎の郷土資料館に「日本輿図」という日本地図が展示されているという。18世紀のものらしい。どうみても当時の朝鮮人が江戸時代の道中地図を模写したものなのだが、韓国人はそうは考えない。

 日本人はサルか犬なみの民族である→こんな地図など描けるわけがない→韓国人のオリジナルに決まっている・・・という短絡的な思考の結果、到達した結論というのが・・・この地図は朝鮮王が日本に48人のスパイを派遣して調査し描かせた秘密地図だ・・・というのである!!
 なぜ、そんな地図を描く必要があったのかというと何と「日本を侵略するため」というのだからあきれる。

 馬鹿じゃなかろうか。この時代の日本は鎖国している上に関所だらけなのである。どうやってカタコトの日本語話す朝鮮人が全国をめぐって海岸線から離島まで調べられるのだろうか。ところが郷土資料館の展示説明にまで、こういうホラ話が書かれているというから韓国という国は恐ろしい国である。
 ところが、ハナシはこれで終わらない。(つづく)

スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • 22:46
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク