スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


サヤカ(沙也可)を鵜呑みにするな

 サヤカと言っても松田聖子の娘ではない。文禄・慶長の役のときに朝鮮側に寝返って、朝鮮の官職を得たとか言う日本の武将の名前だ。例によって例のごとく、この武将は日韓友好のダシとして、もうダシ汁がしぼり尽くされてもう出ないくらい使いまわされている。韓国に行くとサヤカの子孫を名乗る一族が住んでいて、「サヤカの里」として売り出し、記念館だのお堂だのを作っているらしいし、日本からも修学旅行だの何だの観光客が押しかけているらしい。

 さらに頭の痛いことには「サヤカは加藤清正の先鋒だった」「サヤカは朝鮮の人の親孝行を見て投降を決意した」とか誰も言っていないお話が付け加えられているらしい。野平氏によるとこれらの「お話」は日本の歴史教科書や韓国の道徳の教科書にも載っているそうだから始末が悪い。野平氏の本によると、史実に近いのはこういうことらしい。

 .汽ヤ(沙也加)という日本の武将が投降したのは事実らしい。
 ▲汽筌の子孫を名乗る一族は「沙也可」の子孫を名乗っている。
 「沙也加」と「沙也可」が両者が同じ人物なのかはわからない。違う人物であるという確証もない。
 ぅ汽筌の子孫を名乗る一族の先祖が「沙也加」「沙也可」の子孫なのかははっきりしない。そうでないとも言い切れない。

 まあ、サヤカの子孫を名乗る一族の主張が正しいとも誤っているともいえない状態らしい。ただ「サヤカは加藤清正の先鋒だった」「サヤカは朝鮮の人の親孝行を見て投降を決意した」というのは作り話だという。

 史実に近いことだけ教えて満足していればいいものを観光資源だか日韓友好の場だかに活用しようとするから、変な作り話が付け加えられるんだよ、というのが野平氏の主張だ。
 このサヤカの里、ネットで検索かけるとシャレにならないほどゴロゴロ出てくるし、『地球の歩き方』にも出てくる。

 くれぐれも鵜呑みにしないよう気をつけましょう。

桃太郎の鬼は韓国人!!

 驚いたことに「桃太郎の鬼は韓国人」と騒いでいるのは韓国人だけではないらしい。日本人の中にも別の脈絡でそういうことを言っている輩がいるらしい。

 岡山の総社というところには朝鮮式の山城がある。古代にその山城に鬼が住みつき、付近の住民を苦しめたので大和朝廷から派遣された武将によって退治された」という伝説があるらしい。地元住民の一部がその伝説を曲解して「百済から来た渡来人が城に住みつき、徳を慕われたが、大和朝廷によって滅ぼされた」という話をでっち上げ、日韓友好に利用しているらしいのだ。ここでも「鬼が住民を苦しめていた」という部分がすっぽり抜け落ちている。何でも鬼は吉備地方に鉄器を伝えた加羅人だったとか何だとか、もとの伝説とはまったく関係のない話が付け加えられているらしいのだ。

 どうでもいいが、こんなでっちあげの与太話を持ち出さないと日韓の友好というのは深まらないもんなのだろうか。チョッパリだとかウェノムだとかニホンザルだとか日本人をバカにしている奴らに、こんなお話まで作ってあげてお友達になる必要なんかさらさらないと思うのだが。

沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧?

「石垣島のホンガワラは韓国のホンギルドンだ」というデタラメに加担したのは韓国人だけではない。石垣市の公務員や国際交流団体もその「戦犯」である。彼らは自分たちの英雄が韓国人に貶められ泥棒か盗賊扱いされているのに、悩天気にミュージカルなどを作って、日韓友好などを演出していたのである。ネット検索して判明した日本側戦犯は次の通り。

濱元亜美(ソプラノ)沖縄県立芸術大学音楽部卒業。同大学院終了。第5回おきでんシュガーホール新人オーディション入賞。韓国にてミュージカル「ホンガワラ」にヒロイン役アリで出演。「長崎殉教オラトリオ」にソプラノソロとして出演。2003年県費奨学生としてドイツへ留学予定。声楽を小池哲央氏に師事。

ミュージカル・ホンガワラ石垣市公演実行委員会
【開催地】沖縄【日程】2001年07月18日(水)〜22日(日)【会場】石垣市民会館
【主催】〒907-0001沖縄県石垣市字大浜198-1【内容】韓国の民衆英雄である洪吉童と日本の英雄オヤケアカハチが同一人物という可能性をもとに創作したアクションミュージカル

 
 韓国側「戦犯」はこのソル・ソンギョンとかいう大学教授だ。少年朝鮮日報の記事から。

「洪吉童(ホン・ギルドン)は実在の人物だったそうです」延世大 ソル・ソンギョン教授 チャムドン小学校で「古典文学」特別講演
  長年、韓国の古典文学を研究してきた老教授が、子供の日を迎えて小学生たちに面白い伝統文学に関する講義を繰り広げていて、関心を集めている。1日、ソウルのチャムドン小学校(校長 パク・スンボン)の6年2組(担任 ホン・ヨンスク)の教室。 延世大学のソル・ソンギョン(59歳)教授の面白そうな昔話にぎっしりと教室を満たして座った120人余りの6年生の子供たちは耳を「ぴん」と傾けていた。 この日の主題は「洪吉童、彼は誰か」。子供たちはソル教授の説明で、「洪吉童伝」は朝鮮時代の学者であり小説家でもある許筠(ホ・ギュン 1569〜1618年)が書いた最初のハングル小説だという事実を知った。 作品の中で洪吉童は、意のままに姿を変える遁甲術まで使って、悪い連中を罰して、力無い民を助ける義のある人物として登場するということも説明された。 それだけでなく、洪吉童は1440年頃に生まれた実在の人物だということも習った。 子供たちは実在の人物 洪吉童が、小説の中から出てきたかのように、悪い役人を懲らしめて民のために力を尽くした「義のある盗賊」であったという事実に驚いた。最も驚くべきことは、洪吉童が日本の沖縄に渡って「オヤケアカハチ ホンガワラ」という名前の尊敬される指導者として活動していたという点。 洪吉童はそこでも民を苦しめる日本政府に対抗して戦っており、このような事実が日本の歴史の本にも記されているということを新たに知った。目を輝かせて講義を聞いていたクォン・オジュン君は、「洪吉童が単純な小説の中の主人公ではなく、立派な実在の人物だということを初めて知った。」とし、「洪吉童を尊敬するようになった。」と話す。 ソル教授は「育つ子供たちに我が国の文学と歴史を正しく教えるために、特別に講義を用意した。」と明らかにした。 ソル教授は来たる7日、京畿道華城郡のチャンミョン小学校チャンイル分校を訪ねるなど、今後もこのような講義を続ける計画だ。 チョン・サンヨン記者 syjung@chosun.com


 「洪吉童はそこでも民を苦しめる日本政府に対抗して戦っており・・・」・・・オイオイ、15世紀のハナシだろ。日本政府があったのかよ、琉球に?コイツ、ホントに大学の教授か? で、そして最近は更なる新手が参入。今年2月の連合ニュースの記事だ。ホンガワラだけではなく沖縄も韓国のものだと言いだしたようだ。 

琉球国の建国…『ソウル』、『マムマ』、『アンサラム』、沖繩の言葉と類似】
【日・古文献の分析、現場踏査を含めた著書を来月出刊】 新羅時代の于山国(現在の鬱陵島)住民約1,000人が、西暦513〜514年頃に日本の南端である沖繩島に移住し、12世紀末まで25代にわたり王位を継承していたという主張が申告された。昨年、『独島領土権原研究』論文で成均館(ソンギュングァン)大学の博士学位を受けた鮮于栄俊(ソンウ・ヨンジュン)首都圏大気環境庁長は、「日本の古文献の調査と3回にわたる沖繩の現地踏査を通じ、沖繩の旧称である『琉球国』が『古代の鬱陵島住民の移住によって起こされた国』、という事実を裏付ける証拠を見付けた」と、21日に明らかにした。
 著書に紹介された関連文献などによれば、日本の古書である『琉球国旧記・1731年』、
『古琉球・1890年』など、数十巻の文献を分析した結果、于山国は512年に新羅の異斯夫
(イサブ)により服属された直後、資源不足などを理由に沖繩(旧称・ウルマ国) 南部の久高島などに遠い航海の果てに初めて進出した。当時の于山国の住民は、馬韓と百済、高句麗系統だと推定される天孫氏(チョンソンシ)と呼ばれた集団で、鬱陵島に茂っていたけやきで作った船舶に乗り、沖繩に到着して全域で勢力を伸ばして670年間王位を維持していたが、1187年に国王が重臣に殺害された後、滅亡の道を歩く事になった。以降、内戦など長年の混乱期を経験し、日本の江戸幕府が琉球を侵攻して植民地として作ったが、幕府側は琉球と韓国との関係を徹底的に不正であると削除し、まるで九州から沖繩の歴史が始まったように操作して来たと著書は主張している。日本の学者らが古文献を参照しながら住民達の血族系統を研究した結果、沖繩原住民のY-染色体が、韓半島で形成された韓国人特有のY-染色体(O2b1a)と殆ど同じで、隣近の台湾などの原住民の染色体とは大きく異なるという事が指摘されていて、沖繩が韓国人の開拓により出来た国である事を裏付けていると言うのである。また沖繩で使っている言葉と古代の国語(または現代国語)の間に、発音や意味が類似する単語が多い事が分かった。 沖繩神歌に出る『ソウル(韓国意味・小雨漏)』は『ソウル』の日本かな式表記から推定され、日本学者たちは新羅の首都『徐伐』を『ショ-ウル』と読んでいると思っている。沖繩現地の村で使われる『ウマニ』は、国語の『オモニ(お母さん)』と意味が同じで似ている発音をしているし、現地の別の村では『アムマ』と発音される。沖繩伝統の言語である『アンサレ』は国語の『アンサラム(家内・奥方)』を意味するのと発音が似ていて、『パル』は国語の『着(または原野、程度)』のような言葉である。『ヨナグスク』という言葉は、沖繩で最初の名門家などを意味しているが、『ヨナ』は韓国語の古語辞書では『ヨナ(開く)』と表記、『新たに開く』と言う意味を持っているし、『グスク』は韓国古語の『グズクする(生える)』の意味としてお互いに通じる。鮮干博士は、「現在も沖繩の各所では、1,500年前の韓国の言葉と文化がそのまま残っている事が直接確認出来る」とし、「韓国と沖繩間の歴史、言語、文化に対するより体系的な研究が成立すれば、韓日古代歴史の全面的な再解釈が出来ると思われる」と語った。鮮干博士は3月中にこのような内容を記載した『独島そしてウルマ国−琉球国を捜して(仮題)』 の著書を出刊する予定である。


 こんな人たちと国際親善して何か得になることでもあるんでしょうか?ヤレヤレ。

沖縄の英雄は韓国のネズミ小僧?

 沖縄の石垣島にホンガワラという英雄がいるらしい。野平氏の本を読むまで知らなかったが、15世紀に琉球の王府に対して反乱を起こした八重山の英雄ということらしい。当時、石垣島を含む八重山諸島は琉球の完全な支配化にはなかった。というわけで石垣島ではホンガワラというのは地域の英雄として扱われており、銅像なんかも立っているという。

 ところが、そこに目をつけたのが韓国人だ。韓国にはホンギルドンという泥棒の伝説がある。まあ、ネズミ小僧みたいな奴なんだが、朝鮮の史書に出てくるから実際にいたらしい。朝鮮の小説の主人公になっていて、小説では「南の島に行って王になった」と書かれているらしい。このホンギルドンの出身地ということで村おこしをしている韓国の田舎の自治体が御用学者にカネを与えて「石垣島のホンガワラは実は朝鮮の義賊のホンガワラだ」という説をでっち上げたのである。ホンガワラとホンギルドンは音が似ているから同一人物だというのだ!! ホンガワラがホンギルドンだったなどと書いてある史料はどこにもないのに、である。

 つまり、石垣島の英雄は朝鮮から島流しにされた朝鮮版ネズミ小僧だったというのである。どこまで日本人をバカにすれば気がすむのだろう。

 韓国の御用学者は公金で沖縄に渡って自分たちに都合のいい資料だけをかき集め、テキトーに成果をまとめあげた。これをもとに調査を依頼した自治体は大々的に村おこしに利用しまくるとともに、こともあろうか石垣市に国際交流を申し込むのである。こうして事態はますますトンデモない方向に突き進んでいくことになる。(つづく)

日本は核実験をしていた!?

 日帝の財宝探しの話でも分かるように韓国では何でも「日本が悪い」「日帝が悪い」と言っとけば皆納得してくれるので、手間がかからない。どうせ反論する奴なんかいない。反論するウザイ奴にはネットで「親日派の売国奴だ!!」と祭ってやればいいらしいし、大学をクビにするなど人権無視の処置をとってやってもかまわないらしい。

 話はかわるが、韓国の北のほうには韓国以上のトンデモ国家で、最近は悪の枢軸と呼ばれている原始共産国家がある。北朝鮮である。この北朝鮮が最近原子爆弾を開発して、それをネタに米だの重油だのをせびろうとしている。乞食の恐喝みたいなもんだが、これにひそかに共感を覚えている韓国人も多いらしい。自分らの同類が原子爆弾を開発してアメリカや日本を手玉に取っているのが楽しいらしい。

 で、どこをどうまちがったのか、「北朝鮮が原爆を作るのは日本のせい」と言い出す韓国人が現れた。どうしてそんなことになるのかと言うと、「戦前、日本は朝鮮半島で核実験を行っていた」から「北朝鮮がそれを学んだ」というのだ。つまり「北朝鮮は悪くない、日本が悪い」という往年のパターンなのだ。

 野平氏の本によるとこうした説は時々韓国の新聞に登場するらしい。大体、戦前の日本に原子爆弾があったのか? 初めて聞くぞ、そんな話。(つづく)

日本の埋蔵金だってよ

そういうわけで韓国では「悪辣な日本軍が財宝を隠した」と言っても誰も異議を唱えないし、それを発掘しようとする奴を止めようともしない。止めるやつは売国奴だ。そこで埋蔵財宝を探し出そうという物好きがあちこちで掘っているらしいが、まだどこからも何も出てきていないらしい。

 すごいのは珍島という沖合いの海域で行われている発掘で、12メートルの海底を16メートル掘り進んだらしい。何でも日本軍が東南アジアで奪った財宝をそこに隠したというんだが、いくらなんでも戦中にそんな作業ができたはずがないというのが常識的な見方だ。大体そんな海の底に財宝かくしてどうするのよ。もちろん、発掘の結果、何も出てきていない。それでも巨額の費用をかけて発掘は続行されているという。韓国ではこの発掘が愛国的な行為とされているためか、誰も止められないらしい。誰か止めろよ。

 野平氏の本には発掘現場となった島の写真も載っているし、実際に発掘現場まで出向いたらしい。ご苦労様な話だ。

 で、なぜ、そこに財宝が埋まっているのかというと、日本の憲兵のハヤシというのがそこに財宝を隠したのだが、隠す際に使った朝鮮人人夫を殺し、その良心の呵責に耐えかねて韓国人に事実を打ち明けたという。もちろん、それが本当の話なのかはわからない。でも日本と言えば悪の枢軸だと思っている韓国人はこんないいかげんな話でも容易に本気にしたらしい。

 日本に関して、韓国人が何か言えば嘘でも本当になり、日本人が何か言えば本当でも嘘になるのが韓国という国なのだ。

日本の埋蔵金だってよ

 韓国では都合が悪いことがあるとすべて日本のせいにしておけば説明がつくらしい。俺が会った韓国人は「韓国人が英語が下手糞なのは日本人のせいだ」と怒っているので、何だそりゃと思って聞きただすと、「日本人が日帝時代に間違った英語教育を韓国に持ち込んだので、韓国人は英語が下手糞なままだ」というのだ。アホか。日帝時代って半世紀も前だろ。50年前の英語教育法にしがみついているほうがおかしいだろ。てか、50年間もそれに気がつかなかったってのもアホだ。そんなアホが英語を話せるようになるわきゃねえだろ。

 こういうふうに何でもかんでも日本が悪いことにしておけば、韓国ではみんな納得してくれるので、どんなトンデモな説明でも堂々とまかり通るのだ。

 最近、韓国で話題になっているのが「日本が植民地時代に朝鮮半島のあちこちに杭を打ち込み、朝鮮半島の地脈を絶とうとした」というオカルトめいた学説。風水思想なんて信じていない日本人がそんなことするわきゃないんだが、測量用の杭であれ避雷針であれ、なんでも日本を悪者に仕立て上げれば結果オーライの韓国。それに異をとなえるものなんかいない。

 というわけで、このトンデモ学説の発展系として「杭を打って地脈を絶つくらい悪い日本なんだから、韓国で奪った財宝をどこかに隠したに違いない」というトンデモ学説が唱えられはじめ、あちこちで日本の埋蔵金探しが始まっているらしい。(つづく)

続・対馬は韓国の領土だ!!

 まあ、俺も韓国人に会ったときに奴らが「対馬は実は韓国の領土だったんだ」と深刻そうな顔して重大そうに打ち明けるんで、それなりの根拠があるもんだと思っていた。ところがこれがまったく大した根拠がないのだ。新羅の王が対馬に侵攻しようとしたとか(これって侵略じゃねーの?)、朝鮮が倭寇退治に対馬に出兵したとか、対馬藩に米や豆などを与えたとか、対馬藩主に朝鮮の官職を与えたとか、そういったことが根拠らしい。結局、韓国が対馬を直接支配したことなんて一度もねえってことじゃん。どうして対馬が韓国領土になるわけよ?

 野平氏の本にはこういう主張に対する反論もちゃんと出ているのでお徳用だが、韓国人がどれだけこうした反論に耳を傾けるのかは疑問だな。俺の会った韓国人は「対馬は韓国語のトゥーショム(二つの島)が語源だ、だから韓国領だ」と例によって怪しげな言い伝えまで動員して躍起になっていたが、これについても野平氏の著書『韓日戦争勃発!?』にちゃんと反論が書いてある。対馬が二つの島に分かれたのは江戸時代からで、それまでは一つの島としてつながっていたそうだ。だから「トゥーショム」が対馬になったというのは間違いなのだ。 

 ちょっと調べればすぐバレるのに、どうして韓国人はこういう見え透いたデタラメを並べるのかね。相手に弱み握られるだけじゃん。

対馬は韓国の領土だ!!

 まあ、このごろマスコミにもっとも取り上げられているのがこの話題かもしれねーな。対馬に大挙して韓国人が押しかけてきて密漁したり、ゴミを不法投棄したり、やりたい放題らしい。おまけに対馬を韓国領土にするとか言って、ムクゲ(韓国の国花らしい)のタネを不法に持ち込んで、不法に埋めて歩いている奴もいるらしい。どーも韓国では「対馬は韓国領土だ」というのは常識らしい。

 野平氏の本によると韓国の初代大統領が何度も「対馬を奪還する」とか執念を燃やしていたらしい。結局アメリカに叱られてダメだったらしいけど。でも、この「対馬を奪還する」つーのは韓国人がよく騒ぐ妄言ってやつじゃねーの? こういう韓国人は今でもたくさんいるらしく、何かといえば日本大使館の前で珍妙なパフォーマンスする韓国の極右過激派とかも大抵「対馬は韓国領」とか騒いで、俗受けを狙うらしい。デモの写真見てみな。必ず1人は「対馬は韓国領土」とか書いたプラカード持っている奴がいるから。まあ、ハングルで書いてあるので日本人には読めないけどよ。

 そう思っているから、対馬に来た韓国人が密漁したり、ゴミ投げちらかしたりするわけだ。自分の領土だと思っているわけだから、自分の国でやっているのと同じことしているわけだもんな。韓国の往来がゴミだらけなわけだ。

 もし、日本人が竹島行って桜植えようとしたら、激怒して日本大使館に汚物投げつけたりするくせによ。つくづく自分勝手。
 
 で、どうして韓国人が対馬が韓国領だと思っているかについては次回。

続・江戸時代に朝鮮のスパイが日本に潜入した?!

 前回は韓国に「江戸時代、朝鮮から48人のスパイが潜入した」というホラ話があることを書いた。ホラ話がホラ話で終わらないあたりが韓国のすごいところだ。この話をすべて信じ込んでしまい、さらに小説まで書いた小説家が現れたのだ。タイトルは『日本輿図』。朝鮮の王が日本にスパイを送り込んで軍事用地図を描き、それをもとに日本に侵攻して江戸まで攻め上るというバカな内容だ。もちろん、こんなバカな小説を書く程度の小説家に時代考証など望めない。野平氏が内容を紹介しているが、すさまじいものだ。例えば・・・。

 宮本武蔵の弟子がミシマ・ユキオである。
 大名がベッドで寝ている。
 江戸時代に兵庫県がある。
 秀吉の朝鮮征伐のとき連行された朝鮮人が有田焼に住んでいる。
 江戸時代に馬車が走っている。
 吉原の遊郭の「クラブ」に「ママ」がいて「ゲイシャ」を世話してくれる。


 これが大真面目な小説だというから驚く。作者も自分の書いているトンデモ小説を歴史的事実と信じているらしい。また、こういう小説を読んだ無知な韓国人が「また一つ歪曲された歴史が正された」とかズイキの涙を流しながら、ネイバーなんかで興奮しまくって日本人相手にバトル繰り広げるんだろーな。

 今日、韓国の外相が麻生太郎に会って「日本は歴史を直視しろ」とか説教たれたというが、こういうバカ小説書く奴らからどうにかしろよ。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
時計
人気ブログランキング
人気blogランキングへ(ここをクリックしてください)
selected entries
categories
archives
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM