スポンサーサイト

  • 2010.04.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


ボシタ祭りは民族差別!?

 韓国人は自分に都合のいいときは「日本語のルーツはすべて韓国語だ」などと悦に入っているが、自分の気分しだいで「日本語の〇〇は韓国・朝鮮人に対する差別用語だ!!」などとキレるから注意しなければならない。

 熊本に藤崎八幡宮という神社があって、この神社の例祭に「ボシタ祭り」というのがある。祭りの行列で馬を追いながら「ボシタ、ボシタ」と掛け声をかけるのが由来らしいが、これが民族差別だと糾弾の対象になって掛け声が禁止になってしまった。なぜ「ボシタ」が差別用語なのかといえば語源が「加藤清正が朝鮮滅ぼした」ということだからだという。野平氏によると、もともと「ボシタ」の語源は明らかではなく、戦前戦中に国威発揚のためにそう宣伝されていたという。そのため戦後になって差別用語ということにされて、禁止され、現在では使われなくなってしまった。

 で、この「ボシタ」糾弾に立ち上がったのは在日の韓国・朝鮮人団体と部落解放の方々だ!!まあ、「ボシタ」が本当に「朝鮮滅ぼした」という意味ならそれも理解できる。でも、本当の意味はそーじゃないのに「傷つく人がいる」から「とにかく禁止しろ」というのはどう考えてもおかしい。「ボシタを『朝鮮滅ぼした』という意味で使うのはやめろ」と主張すべきだろう。 

 韓国では天皇を「日王」などと卑下しているし、北朝鮮では教科書にまで「ウェノム」「チョッパリ」などという罵倒用語が使われているという。「ボシタ」糾弾に立ち上がっている暇があったら、そっちのほうから何とかしろや。

サムライの語源は韓国語!

 ネットではよく知られているが、韓国人は日本のものなら何でも韓国が起源だと騒ぎたてている。そう言っておけば、どんなトンデモ研究者でも一応は愛国者であるという箔がつくから得なんだろうな。やつらは自分のトンデモ研究にさらに箔をつけるためか、日韓の学界の不当な圧力で自分の研究が認められないなどと泣き言を並べているが、何のことはない、レベルが低すぎて学界では相手にされていないだけだ。
 学界で相手にされていなくても要注意だ。こういうトンデモ大好きなマスコミや自治体関係者はいくらでもいるのだ。そいつらが力を合わせて作ったトンデモ映画がある。

 「サウラビ」という映画だ。韓国では02年に公開されたらしい。
 韓国では「日本語のサムライは韓国語のサウラビ(戦う男)だ」とかいうトンデモ学説(これも音が似ているというだけでまったく根拠がない)が語られていたが、それをもとにして映画も作られているのだ。韓国の映画会社と日本の自治体(九州)が共同制作したこの馬鹿映画は、百済の武士・サウラビが日本に武術を伝え、武士と武士道のルーツになったとかいう話だ。まさに韓国人がズイキの涙を流して喜びそうな内容だ。ところが時代考証はメチャクチャで、平安時代の話なのに「大名行列」や「苗字帯刀」などという江戸時代の話が飛び出す。

 キャプチャー画像が野平氏の本に出ているから見てほしいが、これが時代劇パロディじゃなくて大まじめだと言うから驚く。それにしても、こんなトンデモな映画に出演している日本の俳優って・・・。台本読まないで出演決めたのか? 最後は日本のサムライがサウラビを切り殺してオシマイ。

 もちろん、こんな馬鹿な映画は日本では公開されなかったが、いっそ公開してお気楽な「日韓友好」ちゅうもんがどんなものか、日本の皆さんに見てもらうのが後世のためかもな。

マツリ、ワッショイは韓国語

 ウリナラマンセーならなんでもアリの韓国人が「日本語のルーツが韓国語」だとわめいているのは別にフシギでもなんでもないが、本当にフシギなのはこういう韓国人に迎合して、日韓友好だの国際親善だのを叫んでいる日本人だ。

 かつて大阪には「四天王寺ワッソ」というヘンな祭りがあった。大阪市と在日団体がやっていた地域振興行事なんだが、ヘンな名称の由来は韓国語の「ワッソ(『来たよ』の意味)」が日本語の「ワッショイ」になったという俗説だ。百済から来た渡来人が日本に着いて「ワッソ」と叫んだとか言う「お話」まである。ところがこれが真っ赤な嘘。詳しくは『韓国人の日本偽史』に書かれているが、「ワッソ」なんて韓国語の語形は百済のあった三国時代には存在しなかったのだ。現在「四天王寺ワッソ」は主導していた在日系金融機関のトップが逮捕されて中断されているというが、こんないい加減な日韓親善行事は二度とやらないでほしいところだ。

 で、「ワッソ」が潰れると今度は「マトゥリ」というヘンな行事が始まった。やはり大阪市が絡んでいる。ヘンな名称の由来は韓国語の「マトゥリ」が日本語の「マツリ」になったという俗説だ。ところがこれがやっぱり疑わしい説で、「マトゥリ」などという韓国語は存在しなかった可能性が高いという。

 行事するならするで、常識的な名称をつければいいものを、どうしてこうした怪しげな説をもとにした妙ちきりんな名前をつけるのか、ホント、理解に苦しむよ。しかも日本人まで一緒になって。こういうのって奴らが騒ぐ歴史歪曲ってヤツじゃねーのか?